商品についてのQ&A

Q1 オリのような沈殿物がある

A.醸造酢は、含まれるアミノ酸などのたんぱく質が多く、醸造した後の温度変化など
諸条件が加わり、発生することがありますが有害なものではありません。

Q2 すし酢の酸味が感じられない

A.夏場、シャリの酢がきかないということがまれにあります。
気温の高さと、ごはんの温度が高いと、酢がなじむまでに、風味が変化してしまうためです。
合わせ酢を入れるタイミングは、たきたてのごはんでなく、多少温度を下げた状態でお願いします。
また、体調の変化や夏の暑さも、塩分、酸味の感じ方に影響を与えます。

Q3 酢の色が濃くなった

A.製品に含まれる成分の糖とたんぱく質の反応によって生じます。
製造からの時間や温度、日光の影響で褐変化するのです。
多くの醸造食品にみられる現象で、体に害はございません。

Q4 ニンニクやらっきょうを漬けたあと緑色(青)になった

A.ニンニクやらっきょうに含まれる成分が化学反応をおこしたもので、人体には無害です。
畑の土の成分なども関係しているといわれています。

Q5 ビンの中の根こんぶがとれない

A.ご使用後の容器にお湯を注ぎ、しばらく置き、フタを押さえながらシャカシャカ振ると
細かくなるので、洗い流して下さい。